Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グループ単位のアクセス制限で情報漏洩を防止、NTTデータが統合ソリューション発表

NTTデータは、社内外の情報漏洩を防止する統合ソリューション「SecureCollabo」を4月より提供開始する。

同製品は、社内や外部委託先企業との共同作業といったシーンを想定され設計された製品。シンプルな操作でファイル単位やフォルダ単位の暗号化およびアクセスコントロールを実現したほか、操作のログを収集やセキュアばファイル送付機能を搭載した。

重要な情報をファイル単位で暗号化すると同時に、コピー&ペーストの制限、印刷制限、画面コピーの制限、メール添付の制限などの利用制限を加えることが可能。

それぞれの機能単位でパッケージ化されているため、規模や業務に最適な組み合わせを選択できるという。

(Security NEXT - 2005/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込