Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省が不正競争防止法改正案を取りまとめ - 退職後の漏洩についても対象に

経済産業省の産業構造審議会知的財産政策部会は、企業の営業秘密の保護や、模倣品、海賊版対策といった観点から不正競争防止法見直しを検討しているが、先日実施した意見募集の結果を踏まえ、改正案を取りまとめた。

2004年12月17日から2005年1月17日の間に36件の情報が寄せられた。今回の募集の結果を踏まえ、国外における営業秘密の不正使用や退職後における営業秘密の不正使用など、処罰対象として検討するとしている。また、法人処罰の導入についても改正案へ盛り込まれる見込み。

(Security NEXT - 2005/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト