Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省が迷惑メール追放プロジェクト - ISPによる利用停止や振込口座差し押さえも

経済産業省は、迷惑メール問題へ対処するため、ISPや携帯電話キャリアと連携し、2月上旬より「迷惑メール追放支援プロジェクト」を展開する。

架空請求事件など、迷惑メールによるトラブルが頻発していることを受け、経済産業省では、迷惑メールを特定商取引法の表示義務違反であると認定、被害をISPに連絡することで、該当者に対する利用停止措置を促進したいとしている。今回のプロジェクトは、「特定電子メール法」を所管する総務省と協力して実施される予定。

さらに、迷惑メール上で紹介されたウェブサイトの表示を特定商取引法違反と認定し、ISPにウェブサイトの情報を、金融庁にウェブサイトに記載された振込先預金口座の情報を提供することで、ウェブサイトの削除や振込先預金口座の停止を促進する。

(Security NEXT - 2005/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた