Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハイパーギアら、電子データの長期保存アウトソーシングサービスを提供開始

ハイパーギアとセキュリティリサイクル研究所は共同で、e-文書法や個人情報保護法への対応を目的とした、機密性の高い電子データの長期保存アウトソーシングサービス「ハイパー電子金庫サービス」の提供を開始する。

同サービスは、e-文書法の施行により法的効力を持つようになる電子データを、高セキュリティの環境で長期保存するもの。

電子署名だけではデータの真正性が確保できない電子データに対し、タイムスタンプによる時刻認証を行うだけでなく、長期保存のために必要な、タイムスタンプの期限が切れる5から10年後にも署名を延長できる署名延長機能を備えている。

タイムスタンプの付与および自動延長や電子データの長期保存は、「HG/デジタルシェルター(電子データ長期保存サーバ)」で行われる。同シェルターは、24時間オンライン監視、指紋認証による入退出管理などが行われているセキュリティリサイクル研究所内の新情報管理センターに設置され、共同で運営される。

(Security NEXT - 2005/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定