Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

落札金で商品調達はダメ - Yahoo!オークション

ヤフーは、「Yahoo!オークション」において、オークションストア以外の出品者を対象に、実際の商品を手元に持たず、落札者からの入金を商品調達に充当する出品を禁止すると発表した。2月1日以降、違反した出品は削除対象となる。

同社では、落札者の入金を商品調達に充当する出品を禁止することで、トラブルの防止を図るとしている。ただし、落札された商品が受注生産品の場合や、商品の受け渡しにエスクローサービスや代金引換を利用している場合は例外となる。

昨年末より落札者が代金を支払ったにもかかわらず商品が届かないトラブルが多数発生しており、被害者の会も結成されている。一部県警では被害届を受理、詐欺事件として捜査を開始した。今回の措置はこれら事件へ配慮したものと思われる。

(Security NEXT - 2005/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装