Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法対策へ取り組んでいる企業48% - トーマツ調査

トーマツは、2004年9月から12月にかけて企業リスクマネジメントに関する調査を実施し、結果を発表した。

同調査は2002年から始められ、3回目となる今回の調査では301社から回答を得た。リスク評価、リスク管理部署の設置、コンプライアンス教育などの実施状況と、2005年4月施行の個人情報保護法に対する取り組みについてアンケート形式で実施した。

同発表では、企業におけるリスクマネジメントやコンプライアンス体制の構築は進んでいるものの、リスクおよびリスク対策の評価は進んでおらず、リスクマネジメントの運用に課題が残るとしている。

アンケートの設問すべてにおいて「実施している」と回答した企業は9社で全体の約3%。非常事態が発生した際の体制を整備している企業は69%と比較的高いものの、そのうち訓練を実施しているのは25%にとどまっている。

また、「個人情報保護法に対する取り組みを実施している」と回答した企業は48%と依然低く、多くの企業において急務の経営課題になるとしている。

(Security NEXT - 2005/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず