Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井物産セキュア、セキュリティポリシー対応する暗号メールゲートウェイを発表

三井物産セキュアディレクションは、米Voltage Securityの暗号メールゲートウェイ「Voltage IBE Gateway Server Ver.1.2」を発売した。

同製品では、電子メールの暗号化や復号処理をサーバ側で制御できるもので、メールサブジェクトや特定ドメイン宛など、セキュリティポリシーに従って動作を設定できる。また、相手のメールアドレスを公開鍵として利用することができるので、従来のシステムと異なり、事前に公開鍵の管理や配布する必要がないという。

また、アンチウイルスゲートウェイやコンテンツ検査サーバといったゲートウェイセキュリティ製品との高い親和性を実現した。

(Security NEXT - 2005/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も