Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトが無料ウイルス対策ソフトを公開

Microsoftは、先日のスパイウェア対策ソフトに続き、ウイルス駆除ソフト「Malicious Software Removal Tool」を公開した。同社ウェブページよりダウンロード可能。

同ソフトは、ウイルスやワームなど悪意あるソフトを削除するためのソフトウェア。Microsoftでは、毎週第2火曜日に最新の定義ファイルを公開するとしており、Windows Updateより最新版へ更新できるという。

(Security NEXT - 2005/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年の国内セキュリティソフト市場、前年比3%増見込み
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計