Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトが無料ウイルス対策ソフトを公開

Microsoftは、先日のスパイウェア対策ソフトに続き、ウイルス駆除ソフト「Malicious Software Removal Tool」を公開した。同社ウェブページよりダウンロード可能。

同ソフトは、ウイルスやワームなど悪意あるソフトを削除するためのソフトウェア。Microsoftでは、毎週第2火曜日に最新の定義ファイルを公開するとしており、Windows Updateより最新版へ更新できるという。

(Security NEXT - 2005/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
過去に「Zaif」OEM利用のフィスコ仮想通貨取引所、不正アクセスの影響を否定 - 直前に別システムへ移行済み
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 9月19日にアップデートを公開予定