Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座譲渡の男性に賠償命令

詐欺の被害に遭った静岡市の男性が、口座を譲渡した男性を訴えた裁判で、静岡地裁は110万円の支払い命令を命じた。

男性は、振り込め詐欺により200万円の被害にあっており、慰謝料など270万円を求めていた。男性は、口座が悪用されることを知らなかったとして共犯を否定したが主張は認められず、犯罪ほう助が認定され、110万円の支払いが命じられた。

2004年12月30日に「預金口座等の不正利用防止法」が施行され、口座の売却などが禁じられたが、今回の事件はそれ以前の行為で裁判の行方が注目されていた。

(Security NEXT - 2005/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中