Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本レコード協会、3回目の不正音楽ファイル発信者情報開示請求

日本レコード協会は、同協会の会員7社が、ファイル交換ソフトで音楽ファイルを不正にアップロードしているユーザー14名の氏名開示を求める請求を、プロバイダ7社に対して行ったと発表した。

同協会では、音楽ファイルを不正にアップロードしていると思われるユーザーに対して、2004年3月から、注意を喚起する通知を行ってきた。しかし同様の不正行為が後を絶たないため、損害賠償請求を行う準備として、以前より氏名など発信者情報の開示をプロバイダに対して求めている。

同協会は11月15日に12名、12月7日に18名を対象とした発信者情報の開示請求を行っており、今回3度目の開示請求で、合わせてユーザー44名の発信者情報の開示請求を、プロバイダ13社に対して行ったこととなる。

なお、開示請求を行ったのはビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージック、東芝EMI、ワーナーミュージック・ジャパン、BMGファンハウス、エイベックス、ソニー・ミュージックレコーズの7社。

リリース
http://www.riaj.or.jp/release/pr041227.html

日本レコード協会
http://www.riaj.or.jp/

(Security NEXT - 2004/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社