Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミカド、マンションやネットカフェ向けアプライアンスサーバを発売

ミカドは、中小企業やインターネットカフェ、マンションなどを対象に、ウイルスや迷惑メールをリアルタイムに駆除するアプライアンス製品「AVS-GW」を、2005年1月12日より発売する。

同製品は、日本エフ・セキュアの「F-SecureアンチウイルスLinuxゲートウェイ」をプリインストールしたアプライアンスサーバ。社内ネットワークへのウイルスおよび迷惑メールの侵入を防ぐとともに、外部へのウイルス発信についても検知、駆除してウイルス拡散を未然に防ぐ。

すでにウイルス対策ソフトを導入済みでも、インターネットの入口に同製品を設置することで、セキュリティ対策効果が強化される。また、定期的にウイルス定義ファイルを自動更新する。価格は、25台以下の場合で初年度が25万7250円、次年度以降が年額7万8750円となっている。

(Security NEXT - 2004/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート