Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育者の情報モラルを診断 - ネクストエデュケーションシンク

ネクストエデュケーションシンクは、教育者の「情報モラル」をセルフチェックするサービス「教育者のための情報モラル」の提供を開始した。

同サービスは、教育者の「情報モラル」をより客観的にセルフチェックすることを目的とした、オンライン型テストを提供するもの。診断分野は、「情報モラル全般」、「著作権一般」、「プライバシー」、「コンピュータセキュリティ」などを含む10の分野に分かれている。設問は、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が最新の事例に即して独自に作成したものを使用。

実際の診断の際には、それぞれのカテゴリーから計50問がランダムに出題され、45分間で本格的なセルフチェックができる。終了後には、不足しているスキルを補うための研修やeラーニングコース、書籍などを同社が独自に案内。より効率的な学習を支援する。

価格は、スキルチェックに問題の解答および解説が付いて3990円。スキルチェックのみのサービスもある。

(Security NEXT - 2004/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か