Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRA、2004年のセキュリティ十大ニュースを発表

ネットワークリスクマネジメント協会(NRA)は、セキュリティ啓発メールマガジン「啓・警・契」と同協会のホームページにて、「2004セキュリティ十大ニュース」を発表した。

同協会は、情報セキュリティ啓発活動の一環として2001年から毎年、年末にセキュリティ十大ニュースを発表している。その年に発生したセキュリティ関連事象の中から、社会に与えた影響の大きさやマスコミでの取り上げ頻度などを基準に、同協会会員企業の有志が選定する。

同発表によれば、2004年の第1位は「2月24日 史上最大451万7039人の個人情報漏洩」、第2位は「11月1日 銀行の入金通知を偽装する日本語フィッシング詐欺メール発生」、第3位は「6月15日 個人情報保護法 来年4月1日全面施行に向けて、国からガイドライン公表」となっている。

(Security NEXT - 2004/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も