Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長期休暇前にセキュリティ対策の再確認を - JPCERT/CCが注意喚起

JPCERT コーディネーションセンターは、年末年始の長期休暇前に、セキュリティ対策の実施状況や緊急時の連絡体制などを再確認するよう求めている。

休暇前に確認すべき点として、最新のセキュリティパッチが適用されているか、不要なサービスを無効にしているか、各種サービスへのアクセス制御が適切に設定されているか、使用しない機器の電源を切る手順が明確になっているかなどを挙げている。

また、休暇中も不審なアクセスの監視を継続するなど、休暇中の体制について予め準備しておくとともに、持ち出したPCのウイルスチェックも怠らぬよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず