Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、2004年度のウイルス感染被害レポートを発表

トレンドマイクロは、2004年度のウイルス感染被害年間レポートを発表した。同社によれば、今年はマスメール型ワームによる被害が目立ったという。

同レポートは、2004年1月1日から12月15日までの間に、日本のトレンドマイクロのサポートセンターに寄せられた問い合わせをもとにデータをまとめ、1年のウイルス状況を総括したもの。

同レポートによれば、2004年は電子メールを大量に送信するマスメール型ワームによる被害が目立った。1月に登場した「WORM_MYDOOM」を皮切りに、「WORM_BAGLE」「WORM_NETSKY」の亜種が次々と登場し、日本にまで感染が広がった。これらワームの流行により、ウイルス被害報告の総件数は6万3657件と、昨年の4万7607件を大きく上回った。

また日本特有の傾向として、悪質なウェブサイトでトロイの木馬をダウンロードしてしまう被害が、1年を通して継続的に報告された。怪しい英語のメールには警戒するものの、ネットサーフィン中に突如現われるポップアップのメッセージには、ついつい「Yes」をクリックしてしまうのではないかと、同レポートは分析している。

今後懸念される傾向としては、セキュリティパッチが提供される前にセキュリティホールを標的とした攻撃を行うゼロデイアタックの増加を挙げている。また、携帯電話などのモバイルツールや、P2Pのファイル共有ソフト、メッセンジャーといったコミュニケーションツールを経由したウイルスの危険性も高まっているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も