Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月額制のスパイウェア駆除サービス - ライブドアら3社が提供

ライブドアは、アークンおよびイーディーコントライブとともに、ハッキングツールやスパイウェアといった不正行為実行プログラムの検出、駆除を行う月額料金制のサービス「livedoor アンチスパイウェアサービス」を、2005年1月下旬より提供開始する。

同サービスは、トロイの木馬、ハッキングツール、スパイウェアなど、コンピューターに対して不正な行為を実行するプログラムを検出し、駆除するもの。インターネットに接続されていない状況でも利用可能だが、インターネットに接続することにより、最新のパターンファイルで検出、駆除を行うことができる。

管理目的に使用しているツールを除外リストに設定して、スキャンの対象外にできるほか、検出されたプログラムでも「隔離」を選択すれば、あとから復旧することも可能。月額料金は525円。検出機能のみの利用は無料。

(Security NEXT - 2004/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査