Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンシステムソリューションズ、スパイウェア除去ソフトのライセンス販売を開始

キヤノンシステムソリューションズは、スパイウェアの検出、除去ソフト「Spybot Search&Destroy」のライセンス製品を販売開始した。

同ソフトはスパイウェアの検出および除去を行うもので、アイルランドのセキュリティソフトウェア開発会社Safer Networkingによって開発された。すでにパソコンの中に埋め込まれてしまったスパイウェアを除去するだけでなく、ウェブを閲覧した際に自動的に送り込まれるスパイウェアをブロックする機能も備えている。

また、多くのスパイウェアが実行するレジストリの書き換え行為を検出し、システム設定を保護する。さらに、誤って除去した重要なファイルなどを復元するリカバリー機能を備えているため、除去して良いのか判断しにくいスパイウェアなどの除去も安心して行うことができるという。

価格は、コーポレートライセンス新規の場合、10から14ライセンスで3160円。アカデミックライセンス新規の場合、10から14ライセンスで1580円となっている。

(Security NEXT - 2004/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT