Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宇治市がシマンテックの不正アクセス防止製品を採用

シマンテックは、京都府の宇治市役所が同社のアンチウイルスや侵入検知機能を搭載したクライアント用統合型セキュリティ製品「Symantec Client Security」を採用したと発表した。

同製品は、アンチウイルス、ファイアウォール、および侵入検知機能を備えた製品。同製品により、ウイルスなどの侵入防止はもちろん、許可されたアプリケーションのみ利用できる環境を構築、外部、内部からの不正なアクセスを防止する。

宇治市では、1999年に内部犯行による個人情報の持ち出し事件が発生しており、今回住民のプライバシー対策の一環として採用されたという。

(Security NEXT - 2004/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も