Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISS、未知のウイルスも防御できるクライアント向けソフトウェアを発売

インターネットセキュリティシステムズ(ISS)はクライアントPC向けセキュリティソフト「Proventia Desktop」を2005年3月1日より発売すると発表した。価格は24万3千円から(25ユーザ)。

同ソフトは、同社が従来より提供してきた「RealSecure Desktop Protector」を刷新したもの。定義ファイルではなく、システムに悪影響があるか判断する「ビヘイビア解析技術」により、既知や未知のウイルス、ワーム、スパイウェアなどを検出、駆除できる。

また、バッファオーバーフローを防止する「BOEP機能」を追加、アプリケーションのプロテクト機能など強化している。

同社では、今後サーバ製品にも同技術を応用していく予定。

(Security NEXT - 2004/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力