Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISS、未知のウイルスも防御できるクライアント向けソフトウェアを発売

インターネットセキュリティシステムズ(ISS)はクライアントPC向けセキュリティソフト「Proventia Desktop」を2005年3月1日より発売すると発表した。価格は24万3千円から(25ユーザ)。

同ソフトは、同社が従来より提供してきた「RealSecure Desktop Protector」を刷新したもの。定義ファイルではなく、システムに悪影響があるか判断する「ビヘイビア解析技術」により、既知や未知のウイルス、ワーム、スパイウェアなどを検出、駆除できる。

また、バッファオーバーフローを防止する「BOEP機能」を追加、アプリケーションのプロテクト機能など強化している。

同社では、今後サーバ製品にも同技術を応用していく予定。

(Security NEXT - 2004/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版