Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Namazu 2.0.13にXSSの脆弱性 - 対応済みモジュールが公開

Namazu Projectは、検索システム「Namazu」の脆弱性を解決したセキュリティアップデート「同2.0.14」を公開した。

「同2.0.13」および以前のバージョンをウェブ上で提供した場合、特定文字列により検索を行うと、クロスサイトスクリプティングの脆弱性のため、ページ内容の改竄、Cookie情報の奪取などが行われる危険がある。

今回の脆弱性解消にあたっては、IPAへ脆弱性情報の提供があり、JPCERT/CCがベンダとの調整を実施した。

Namazu におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN#904429FE)
http://jvn.jp/jp/JVN%23904429FE.html

Namazu Project
http://www.namazu.org/

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

JPCERT/CC
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2004/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
メール送信ミスで顧客のメアド流出 - ヒューマックスシネマ
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協