Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「安全・安心マーク」の審査項目に「個人情報保護」を追加

インターネット接続サービス安全・安心マーク推進協議会は、安全・安心マークの審査項目に「個人情報保護に係わる審査項目」を新設した。

「安全・安心マーク」とは、一般ユーザーがインターネット接続事業者を選択する際、ユーザー対策やセキュリティ対策などが、一定基準以上であるという目安を提供するもの。同協議会は、「安全・安心マーク」使用許諾のための審査基準など諸規定を策定している。

今回の審査項目新設は、2005年4月1日の「個人情報保護法」の完全施行に伴い、インターネット接続サービスにおける個人情報保護のための体制、取組み状況などを明確に確認するために実施された。

審査項目第7項「個人情報保護に関する取り組み」として新設され、安全管理に係る取組みを適切に行っているか、個人情報保護管理者を設置し、必要な内部規定を策定しているか、プライバシーポリシーを策定し、公表しているかといった項目について審査する。

新設された審査項目は、2005年6月中旬に予定されている第9回審査より適用される。同年2月16日に実施される第8回審査については、現行の審査基準および審査申請書が適用される。

(Security NEXT - 2004/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も