Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIS、原票画像の分割により個人情報の漏洩を防ぐデータ入力システムを発表

ジェイ・アイ・エスは、原票の画像を分割することにより、データ入力時の個人情報漏洩を防ぐシステム「イメージ・エントリー・システム」を発表した。また、同システムサービスのビジネス協業を2005年4月1日より開始する。

同システムは、データ入力の際、原票の移動時に発生する紛失の危険と、複数の人間が介在した場合の個人情報漏洩の危険性を防ぐもの。

入力原票をスキャナーで画像化し、入力項目ごとに画像を分割してウェブサーバに格納する。入力者はサーバにアクセスして分割された画像を見ながら入力し、全ての入力データが完了した時点で、処理センターでデータを結合して正規の入力データとしてまとめる。

原票を外部に持ち出すことなくデータ化でき、また、画像分割により入力原票が一部しか開示されないため、情報の秘匿性が高い。価格は、入力原票による個別料金となっている。

(Security NEXT - 2004/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
番組ガイドの配送リストを紛失 - ケーブルテレビ可児
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「情報セキュリティサービス基準」、2020年度1Qの募集が開始に
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市