Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、WinnyやSkypeをブロックするファイアウォールを発売

ネットエージェントは、WinnyやSkype、ワームの侵入といった業務上不適切な通信をブロックするファイアウォール「One Point Wall」の新バージョンを、12月17日より発売する。

同製品は、WinnyやSoftEtherの通信、2ちゃんねるの書込みなどをブロックする「One Point Wall ファミリー」に、インスタントメッセンジャーやSkype、ワームの侵入といった業務上不正な通信の防止機能を追加したもの。

従来製品は、Winnyや2ちゃんねるへの書込みなど、ひとつの目的をひとつの製品によって実現していた。同製品では、そういった単機能の製品を統合し、ブロック対象を拡充して多様な通信を阻止することが可能になった。

同製品の導入により、違法行為や情報漏洩を抑止できるほか、行き過ぎた私的利用や許可外の通信をブロックできるとしている。価格は、30デバイスで9万8000円、100デバイスで19万8000円。次年度以降1年間の継続ライセンスは、30デバイスで6万1740円、100デバイスで11万8800円となっている。

(Security NEXT - 2004/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も