Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、電子証明書への理解と利用促進に向けたキャンペーンを実施

日本ベリサインは、2004年12月10日から2005年2月28日まで、電子証明書に対する理解と利用の促進を目的とした企業向けキャンペーン「セキュアメールキャンペーン」を、ジャストシステムの協賛により実施する。

同キャンペーンは、なりすましへの有効な対策である電子署名や、メールの暗号化による重要情報の安全な送信といった、電子証明書を利用したメールの有効性に対する理解と、利用の促進を目的として行われる。

キャンペーンサイトにて簡単なアンケートに答えるだけで、3カ月間有効な「個人用電子証明書(トライアル版)」の取得ができる。この取得した電子証明書と、標準規格のメールソフトを利用することで、メールへの電子署名、メールの暗号化といったセキュリティ機能を実際に体験することができる。

また先着3000社に、ジャストシステムのメールソフト「Shuriken Pro3 /R.2(評価版)」を提供する。

(Security NEXT - 2004/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も