Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、セキュリティ対策検討に向けて「次世代IPインフラ研究会」を再開

総務省は、2004年2月から開催した「次世代IPインフラ研究会」を再開し、フィッシング詐欺やスパイウェア対策などについて検討すると発表した。

同研究会は、固定電話のネットワークからIPネットワークへの移行を志向する電気通信事業者が増えている現状を踏まえ、IPネットワークの将来像、IPネットワーク上で求められるサービス品質および機能について検討するもの。

また、IPネットワークにおける通信障害発生時の事業者間の連携や、フィッシング詐欺およびスパイウェア対策などについても検討される。同研究会は本日第5回会合を開催し、2005年夏をめどに報告書をまとめる予定だとしている。

(Security NEXT - 2004/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も