Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

音楽ファイル不法アップロードユーザーの情報開示を請求 - レコード会社7社

日本レコード協会は、同協会会員であるビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージック、東芝EMI、ワーナーミュージック・ジャパン、エイベックス、ソニー・ミュージックレコーズ、デフスターレコーズの7社が、不法で音楽ファイルを公開しているユーザー情報の提供を求め、プロバイダに開示請求を行った。

11月にも同様に情報開示請求を行っており、これまでにユーザー30名の発信者情報開示請求をプロバイダ10社に対して行ったことになる。開示請求は、無断でアップロードしている個人に対し、損害賠償請求等を行うためのもので、今後も継続して実施する予定だという。

リリース
http://www.riaj.or.jp/release/pr041208.html

レコード協会
http://www.riaj.or.jp/

(Security NEXT - 2004/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット上行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信