Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

音楽ファイル不法アップロードユーザーの情報開示を請求 - レコード会社7社

日本レコード協会は、同協会会員であるビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージック、東芝EMI、ワーナーミュージック・ジャパン、エイベックス、ソニー・ミュージックレコーズ、デフスターレコーズの7社が、不法で音楽ファイルを公開しているユーザー情報の提供を求め、プロバイダに開示請求を行った。

11月にも同様に情報開示請求を行っており、これまでにユーザー30名の発信者情報開示請求をプロバイダ10社に対して行ったことになる。開示請求は、無断でアップロードしている個人に対し、損害賠償請求等を行うためのもので、今後も継続して実施する予定だという。

リリース
http://www.riaj.or.jp/release/pr041208.html

レコード協会
http://www.riaj.or.jp/

(Security NEXT - 2004/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大