Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネット協会を名乗る詐欺商法

インターネット協会は、同協会の名をかたった詐欺商法の事件事例を更新した。

悪徳商法の被害者を狙ったもので、同協会の名前をかたり、支払った資金回収を持ちかけ、弁護士を代理で依頼するとして着手金をだまし取ろうとするという。同協会では、同事例以外の情報についても随時更新を行って注意を促している。

(Security NEXT - 2004/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も