Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー、中小企業向けアプライアンス型認証サーバを発売

バッファローは、RSAセキュリティと中小規模ネットワーク向けアプライアンス型認証サーバ「SecureLockStation」を共同で開発したと発表した。2005年2月上旬に発売予定で、価格は30ユーザ対応版 SecureLockKey5本付きが9万8000円。100ユーザ対応版SecureLockKey10本付きが13万8000円。

同製品は、ユーザー認証にデジタル証明書を利用し、セキュアな無線LANおよび有線LAN環境を構築できるアプライアンス型認証サーバ。EAP-TLSをサポートするRADIUSサーバ機能やデジタル証明書を発行するための認証局機能を装備している。

また、ユーザーの利便性を考慮し、デジタル証明書を意識せずに利用できるようデジタル証明書と秘密鍵はUSB認証トークンに格納してユーザに配布する方式を採用している。

今回の発売に合わせ、同社はIEEE802.1X認証に対応したレイヤー2スイッチ「BSL-SS-2008M」をリリースする。設定画面で「SecureLockStation」のIPアドレスなどを入力するだけで、IEEE802.1X認証機能を利用できる。価格は1万9800円。

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も