Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本レコード協会、音楽ソフトの不正コピー対策キャンペーンを開始

日本レコード協会は、音楽の不正コピー、不正アップロード対策として、著作権の重要性を訴える「Respect Our Music」キャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、不正コピー、不正アップロード対策を目的とした著作権啓発のためのもので、2002年秋よりスタートした。音楽関連団体、作詞作曲家、アーティスト、販売店、音楽専門メディアといった音楽業界全体の協力を得て展開される。

2004年度は、人気アーティストも参加して著作権の重要性を訴えていくという。また、イベントの実施、各種媒体への広告出稿、ポスター掲示、教育現場、レコード店およびレンタル店などへの啓発パンフレットの配布、啓発ビデオの制作といったキャンペーンを展開する。

リリース
http://www.riaj.or.jp/release/pr041202.html

日本レコード協会
http://www.riaj.or.jp/

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート