Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のウイルス、不正アクセス状況を発表 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2004年11月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況をまとめ、公表した。

11月におけるウイルスの届出件数は、5308件で、10月の4654件から14.1%増加。10月に5000件を切り減少傾向を見せていたが、再び5000件台となった。ウイルスの検出数は、約291万6千件で10月から6.5%減少した。

Netskyの届出件数は1315件で9カ月連続でワースト1だった。W32/Bagleが654件、W32/Mydoomが394件と続いている。

11月に出現したW32/Bofraウイルスは、添付ファイルではなく、メール本文にリンクをクリックすることにより感染するウイルスのため、不用意にリンクをクリックしないよう、IPAでは注意を促している。

11月の不正アクセス届出件数は28件で、10月の53件から約47.2%減少した。一方被害届出件数は8件と10月の3件より増加している。被害届出の内訳は、侵入5件、メールアドレス詐称1件など。

(Security NEXT - 2004/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催