Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、11月のトップ10ウイルスを発表

ソフォスは、2004年11月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、11月中旬以降に発見された新種ウイルス「Sober-I」は、出現から日が浅いにもかかわらず同社に寄せられた報告の20.4%を占め、第2位に入るほどの勢いを見せているという。同ウイルスはメールによって拡散し、重要なセキュリティ情報などが含まれていると偽って、添付ファイルを開かせようとする。

また、2004年3月に発生した「Netsky-P」が24.2%で1位、2004年6月に発生した「Zafi-B」が17.9%で3位と、すでに対策法がある比較的古いウイルスもいまだに蔓延し続けている。同社は、ウイルス定義ファイルを最新に保つよう、ユーザーに呼びかけている。

同社では、11月だけで1379件の新規ウイルスを検知、駆除している。同社の統計では、11月に使用されたメールのうち5.6%以上がウイルスメールであるという。先月は4.6%であったので、再び上昇傾向にあることがわかる。

(Security NEXT - 2004/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート