Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECとキヤノン、乾燥指でも利用できる指紋センサー開発

NECとキヤノンは共同で、独自の読みとり技術「指内散乱光直接読取方式」を採用したライン型指紋センサーを開発したと発表した。

従来の2次元エリア型指紋センサーに比べ、ライン型を採用したことにより小型化を実現。NECの指内散乱光直接読取方式を採用しており、読み取りにくい乾燥指や湿潤指においても隆線を鮮明に読取ることができる。

照合技術には独自の照合アルゴリズム「特徴点とリレーション方式」を採用しており、他人許容率0.00001%以下を実現したという。

NECでは、2005年度第一四半期より出荷を予定しており、年間5万台の販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2004/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に