Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマダ電機、個人情報入り中古パソコンを誤って販売

ヤマダ電機は、個人情報が消去されていない中古パソコンを誤って販売したと発表した。同社では、情報削除プロセスが不十分だったとし、再発防止に努めるとしている。

今回の流出は、10月30日にアウトレット福井本店、11月14日にテックランド向ヶ丘にて発生したもので、あわせて20件の個人情報が記録されていたという。同社では、個別に、謝罪、および事実の説明を行い、現在詳細を調査しているという。

(Security NEXT - 2004/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送