Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力が個人情報を紛失

中部電力は、28件の個人情報を含む顧客リストを紛失していたことが明らかとなった。

同社社員が25日の営業業務中に顧客リストを紛失したもの。顧客リストは書類状のもので、同社岡崎支店において温水器を契約している28人分の個人情報が含まれていたという。個人情報は、氏名や住所、電話番号などだった。

(Security NEXT - 2004/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出