Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版販売で無職の男3人を逮捕 - 警視庁

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、警視庁は新宿の路上で海賊版ソフトを販売していた無職の男3人を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

男性3人は、2004年11月、著作権者の許諾を得ずに複製したものであることを知りながら、「Adobe Photoshop 7.0 日本語版」の複製CD-Rを1枚7000円で販売。さらに「Adobe Photoshop 5.0 日本語版」、「同6.0 日本語版アップグレード」、「同7.0 日本語版」の複製CD-R1枚と「Adobe Illustrator 10 日本語版」の複製CD-R1枚を合計1万4000円で販売した。

同協会の調査によれば男性らは、海賊版ソフトのタイトルや価格を記載したチラシを配布して、販売を行っていた。チラシに記載されたソフトの標準価格の合計は、約5000万円におよぶという。また男性らは約半年前から営業を行っており、同様の販売を行っている渋谷、新橋のグループと同じグループだったとみられている。

リリース
http://www.accsjp.or.jp/news/041125.html

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2004/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大