Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐川急便の「メール便」3万2000通が放置

佐川急便は、全国98社から受託した「飛脚メール便」3万2291冊が未配達だったと発表した。

同社によれば、北九州市環境局から11月22日に「飛脚メール便」と記載のある荷物がゴミの中から見つかったと通報があったという。その後の調べにより、同社が毎日メディアサービスへの配達を委託した荷物と判明した。

同社と毎日メディアサービスと調査を進めたところ、毎日メディアサービス担当地区配達員が自宅に未配達分を放置していた事実が判明した。同社では今後の対応を送り主と協議するとしている。

(Security NEXT - 2004/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性