Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐川急便の「メール便」3万2000通が放置

佐川急便は、全国98社から受託した「飛脚メール便」3万2291冊が未配達だったと発表した。

同社によれば、北九州市環境局から11月22日に「飛脚メール便」と記載のある荷物がゴミの中から見つかったと通報があったという。その後の調べにより、同社が毎日メディアサービスへの配達を委託した荷物と判明した。

同社と毎日メディアサービスと調査を進めたところ、毎日メディアサービス担当地区配達員が自宅に未配達分を放置していた事実が判明した。同社では今後の対応を送り主と協議するとしている。

(Security NEXT - 2004/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高