Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険代理店でパソコン盗難、4500件の個人情報が流出

カーディーラー「富士スバル」の子会社で、保険販売代理店であるユーロブレッツァにおいてパソコンの盗難被害が発生し、4494件の個人情報を紛失していたことが明らかになった。

同社は、損保ジャパンひまわり生命や東京海上日動あんしん生命保など、のべ13社の保険代理店事業を提供している。今回の事件は同社従業員が帰宅途中に車上荒らしにあったもので、顧客の個人情報のべ4494件を含むパソコンが盗難被害に遭ったもの。

氏名や住所、電話番号、保険の補償内容など、各社の個人情報が4494件が記録されていた。一部マスコミの報道によれば、パスワード設定など行われていなかったという。

富士重工業リリース(PDF)
http://www.fhi.co.jp/news/04_10_12/04_11_24.pdf

(Security NEXT - 2004/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定