Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取得が進むプライバシーマーク - 認定事業者が1000社を突破

日本情報処理開発協会は、プライバシーマーク付与認定事業者が1000社を突破したと発表した。

プライバシーマーク制度は、個人情報保護に関するJISQ 15001に適合し、個人情報の取扱いを適切に行うための体制を整備しているか日本情報処理開発協会が審査し、適合者にプライバシーマークを付与する制度。

1998年より制度がスタート。同協会によれば、取得率は、アウトソーシングを請け負う情報処理サービス業や印刷業が多くを占めており、両者を合わせて67%になるという。また、労働者派遣業、マーケティングリサーチ業、 学習塾のほか、56業種において同マークの取得が進んでいる。

1000事業者目は、退職者向け再就職支援サービスを提供しているリクルートキャリアコンサルティングだった。

(Security NEXT - 2004/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 更新リリース
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催
OpenSSLに重要度「低」の脆弱性 - 更新用意なし
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック