Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取得が進むプライバシーマーク - 認定事業者が1000社を突破

日本情報処理開発協会は、プライバシーマーク付与認定事業者が1000社を突破したと発表した。

プライバシーマーク制度は、個人情報保護に関するJISQ 15001に適合し、個人情報の取扱いを適切に行うための体制を整備しているか日本情報処理開発協会が審査し、適合者にプライバシーマークを付与する制度。

1998年より制度がスタート。同協会によれば、取得率は、アウトソーシングを請け負う情報処理サービス業や印刷業が多くを占めており、両者を合わせて67%になるという。また、労働者派遣業、マーケティングリサーチ業、 学習塾のほか、56業種において同マークの取得が進んでいる。

1000事業者目は、退職者向け再就職支援サービスを提供しているリクルートキャリアコンサルティングだった。

(Security NEXT - 2004/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC