Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取得が進むプライバシーマーク - 認定事業者が1000社を突破

日本情報処理開発協会は、プライバシーマーク付与認定事業者が1000社を突破したと発表した。

プライバシーマーク制度は、個人情報保護に関するJISQ 15001に適合し、個人情報の取扱いを適切に行うための体制を整備しているか日本情報処理開発協会が審査し、適合者にプライバシーマークを付与する制度。

1998年より制度がスタート。同協会によれば、取得率は、アウトソーシングを請け負う情報処理サービス業や印刷業が多くを占めており、両者を合わせて67%になるという。また、労働者派遣業、マーケティングリサーチ業、 学習塾のほか、56業種において同マークの取得が進んでいる。

1000事業者目は、退職者向け再就職支援サービスを提供しているリクルートキャリアコンサルティングだった。

(Security NEXT - 2004/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に