Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁、サイト上で「著作権侵害中」と挑発し海賊版ソフトを販売した男性を逮捕

警視庁は、海賊版ゲームソフトを販売していた江戸川区のフリーライター男性と、同居していた無職男性を、著作権法違反の容疑で同月17日に逮捕、11月19日に身柄を送検した。

男性らは、運営するホームページ「ブレインネット」を通じて「ファミリーコンピュータ」用のゲームソフト約2000タイトルを無断複製したCD-Rなど、海賊版ゲームソフトを販売していた。約半年の間に全国の約300人に対して販売し、約1000万円を売り上げていたとみられる。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、「ブレインネット」のトップページには、「著作権超侵害中」「著作権ってなんですか? 全部コピーで、いいじゃない。」など、挑発する文章を掲載していたという。

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース