Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩保険を付帯した暗号化アプリ内蔵USBメモリが登場

シーフォーテクノロジーは、個人情報漏洩保険を付帯した暗号化機能付きUSBメモリ製品「CRYPTY U」を、12月1日より発売する。

同製品は、USBメモリ内にプログラムエリアがあり、ファイル暗号化および復号アプリケーションが内蔵されている。また、メモリ内データの暗号化保存が可能。保存容量は約50MB。

さらに、USBメモリ内およびPC上で暗号化されたファイルを対象とした、個人情報漏洩賠償保険を付帯しており、同アプリケーションを用いて暗号化したファイルから個人情報が流出した際、補償される。保険期間は、ユーザー登録後1年間。価格は、10個セットで9万2400円。

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性