Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公的書類のデジタル保存を認める「電子文書法」が成立

税務保存義務がある書類を電子データで保存することを認める「電子文書法」が国会で成立した。来年4月より施行される。

同法により、原本、謄本、抄本、写しなど、法令で保存が定められた書類を電子書類として保存することが可能となる。また、また通常の書類をスキャンニングすることにより、保存することも可能。

ただし、認められるのは、主務省令にて定められた書類に限られ、一部財務諸表や、3万円以上の領収書など、対象外となる見通し。

(Security NEXT - 2004/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ