Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公的書類のデジタル保存を認める「電子文書法」が成立

税務保存義務がある書類を電子データで保存することを認める「電子文書法」が国会で成立した。来年4月より施行される。

同法により、原本、謄本、抄本、写しなど、法令で保存が定められた書類を電子書類として保存することが可能となる。また、また通常の書類をスキャンニングすることにより、保存することも可能。

ただし、認められるのは、主務省令にて定められた書類に限られ、一部財務諸表や、3万円以上の領収書など、対象外となる見通し。

(Security NEXT - 2004/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
記者宛のメールで送信ミス、メアド流出 - 大阪市
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
市立図書館に不正アクセス、メール送信の踏み台に - 富山市
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
若年層向け啓発コンクールの受賞作品決定 - 応募総数6万点超
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を