Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公的書類のデジタル保存を認める「電子文書法」が成立

税務保存義務がある書類を電子データで保存することを認める「電子文書法」が国会で成立した。来年4月より施行される。

同法により、原本、謄本、抄本、写しなど、法令で保存が定められた書類を電子書類として保存することが可能となる。また、また通常の書類をスキャンニングすることにより、保存することも可能。

ただし、認められるのは、主務省令にて定められた書類に限られ、一部財務諸表や、3万円以上の領収書など、対象外となる見通し。

(Security NEXT - 2004/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県