Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日新火災から個人情報が流出 - 盗難で1087人分

日新火災海上保険は、同社代理店において盗難被害が発生し、個人情報を含んだパソコンが盗難被害に遭ったと発表した。

11月12日夜から13日の午前中の間に盗難被害にあったもので、盗まれたパソコンには、1087名分お顧客情報が保存されていた。顧客情報には、氏名、住所、電話番号のほか、保険期間や保険料など契約内容が含まれる。同社と同代理店では、顧客へ謝罪し、事情説明を行っているという。

(Security NEXT - 2004/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ