Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日新火災から個人情報が流出 - 盗難で1087人分

日新火災海上保険は、同社代理店において盗難被害が発生し、個人情報を含んだパソコンが盗難被害に遭ったと発表した。

11月12日夜から13日の午前中の間に盗難被害にあったもので、盗まれたパソコンには、1087名分お顧客情報が保存されていた。顧客情報には、氏名、住所、電話番号のほか、保険期間や保険料など契約内容が含まれる。同社と同代理店では、顧客へ謝罪し、事情説明を行っているという。

(Security NEXT - 2004/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle