Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットマークスとラック、持ち込みPCの監査サービスを提供

ネットマークスとラックは、持ち込んだPCを企業のセキュリティポリシーや運用規定に合致しているかどうかのチェックする「コンプライアンス検査サービス」の提供を開始した。

同サービスは、ノートPCなどを社内ネットワークに接続する際、Windowsのアップデートおよびウイルス対策ソフトウェアのバージョンなど、企業のセキュリティポリシーに対する遵守状態の検査を実施し、結果を表示するもの。検査結果に問題があった場合は、問題の内容と対策方法を提示する。

提供されるサービスは、共通ポリシーを利用したASP型サービス「コンプライアンス検査 EXP」、ユーザーごとの個別ポリシーを利用したASP型サービス「コンプライアンス検査 STD」、およびコンプライアンス検査STDに不正PC検出サービスを合わせた「コンプライアンス検査 PLUS」。

価格は、初期費用10万円、月額10万円から。

(Security NEXT - 2004/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通