Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジー・サーチ、個人情報保護に最適なデータベース暗号化ミドルウェアを発売

ジー・サーチは、顧客情報や個人情報を保有する企業や自治体向けに、データベースを保護する暗号化ミドルウェア「eCipherGate」を発売した。

同製品は、さまざまなデータベースソフトウェアに対応したミドルウェアで、データベース内の情報の全体または1部を暗号化することで、不正流出後の再利用を防止するもの。

利用者あるいはグループ単位のアクセス制限の設定、および暗号化された項目に対する暗号化、複合化権限の有無の設定といった、利用者とデータ項目の組み合わせによる、細かい利用制限が可能。

価格は、データベースを運用するサーバに搭載されるCPUの数によって異なる。1から2個の場合、初期費用が250万円、年間の保守費用が48万円となっている。

(Security NEXT - 2004/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高