Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pによる音楽ファイル不正発信者の情報開示を請求 - 日本レコード協会

日本レコード協会会員7社は、プロバイダ8社にファイル交換ソフトを利用して不正に音楽ファイルを公開した発信者の情報公開を求め、請求手続きを開始した。

市販CDの音源を、ファイル交換ソフトを利用して許諾なくアップロードしている行為が、各社の著作隣接権を侵害しているとして、プロバイダ責任制限法第4条第1項に基づき、プロバイダ8社に対し該当者の氏名、住所の開示を請求したもの。同協会では、今回の開示請求を「損害賠償請求等を行うため」としている。

今回、発信者情報開示請求を行ったのはビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージック、東芝EMI、ワーナーミュージック・ジャパン、エイベックス、ソニー・ミュージックレコーズおよびデフスターレコーズの7社。

(Security NEXT - 2004/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町