Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pによる音楽ファイル不正発信者の情報開示を請求 - 日本レコード協会

日本レコード協会会員7社は、プロバイダ8社にファイル交換ソフトを利用して不正に音楽ファイルを公開した発信者の情報公開を求め、請求手続きを開始した。

市販CDの音源を、ファイル交換ソフトを利用して許諾なくアップロードしている行為が、各社の著作隣接権を侵害しているとして、プロバイダ責任制限法第4条第1項に基づき、プロバイダ8社に対し該当者の氏名、住所の開示を請求したもの。同協会では、今回の開示請求を「損害賠償請求等を行うため」としている。

今回、発信者情報開示請求を行ったのはビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージック、東芝EMI、ワーナーミュージック・ジャパン、エイベックス、ソニー・ミュージックレコーズおよびデフスターレコーズの7社。

(Security NEXT - 2004/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開