Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、複数のサーバを不正アクセスから守るOSセキュリティ強化ソフトを発売

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、企業内のサーバを不正アクセスから守るOSセキュリティ強化ソフト「SHieldWARE」を、12月1日より発売する。

同ソフトは、OSレベルでのアクセス制御と管理者権限の細分化により、不正アクセスからサーバを守るセキュリティ強化ツール。既存のサーバにインストールするだけで、特別な設定なしにバッファオーバーランなどの不正侵入をサーバ内部から防御する。

OSレベルで攻撃を防御するため、セキュリティパッチ未適用期間のリスクが低減される。また、パターンファイルが不要なため、運用管理者の負荷も減る。さらに、アクセスログの記録とログ改ざん防止機能により、情報漏洩を抑止することも可能だという。

価格は、スタンダード版で110万円から。ライト版で95万円から。ともに、構築サービス料金(50万円から)が別途必要。

(Security NEXT - 2004/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた