Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、複数のサーバを不正アクセスから守るOSセキュリティ強化ソフトを発売

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、企業内のサーバを不正アクセスから守るOSセキュリティ強化ソフト「SHieldWARE」を、12月1日より発売する。

同ソフトは、OSレベルでのアクセス制御と管理者権限の細分化により、不正アクセスからサーバを守るセキュリティ強化ツール。既存のサーバにインストールするだけで、特別な設定なしにバッファオーバーランなどの不正侵入をサーバ内部から防御する。

OSレベルで攻撃を防御するため、セキュリティパッチ未適用期間のリスクが低減される。また、パターンファイルが不要なため、運用管理者の負荷も減る。さらに、アクセスログの記録とログ改ざん防止機能により、情報漏洩を抑止することも可能だという。

価格は、スタンダード版で110万円から。ライト版で95万円から。ともに、構築サービス料金(50万円から)が別途必要。

(Security NEXT - 2004/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開