Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東邦ガス、協力会社が個人情報346件を紛失

東邦ガスは、車上荒らしにより業務委託会社から個人情報が流出したと発表した。

11月7日の12時30分ごろ、名古屋市西区比良4丁目地内の駐車場において、ガスメーターの取り替え作業を委託している業者が車両が車上荒らしに遭い、個人情報が記載された書類を紛失した。車両には施錠されていたが、助手席側の鍵が壊されたという。

個人情報は、346件含まれ、住所、氏名、電話番号、ガスメーター情報が含まれていた。同社は、事故発覚後、被害届を警察へ提出している。

(Security NEXT - 2004/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは