Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村不動産、パソコン盗難で分譲物件契約者62名の個人情報を紛失

野村不動産は、分譲物件契約者62名の個人情報を紛失したと発表した。10月25日に同社社員が電車にて移動中、顧客情報を保存したパソコン1台が盗難にあったもの。

盗まれたパソコンには、分譲物件契約者62名の住所、氏名などを含む個人情報ファイル保存されていた。同社によれば、パソコンにはセキュリティ管理システムが設定されていたという。同社では警察に届け出るとともに、被害に遭った顧客全員に対してお詫びと経緯説明を行った。

(Security NEXT - 2004/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Samba」に3件の脆弱性、アップデートがリリース
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
誤送信で博士課程在籍者のメアドが流出 - 琉球大
避難行動要支援者の情報含むUSBメモリを紛失か - 富津市
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
Chromeにアップデート、「クリティカル」の脆弱性を修正
監視ツール「Nagios XI」にアップデート - 複数脆弱性を修正
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技