Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

蒼天、クライアント数無制限の不正接続検出ソフトを発売

蒼天は、企業内LANに不正接続された管理外のPC、NAS、プリンタなどの機器を検出するソフト「サーチライト」を、12月1日より発売する。価格は、クライアント数無制限で月額1万円。

同ソフトは、5分から10分の短期周期で不正接続を監視し、検出と同時に、結果を登録された管理者へメール通知する。また、管理対象機器の情報を自動収集してリストを作成するとともに、利用者、管理部門、設置場所などを追加入力することで、機器管理台帳とすることも可能。

クライアント機器にソフトウェアをインストールしないエージェントレスアーキテクチャなので、管理用の専用マシンは不要。Windowsのほか、Linux、Unix、Mac OSにも導入できる。

(Security NEXT - 2004/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町