Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉興銀、ファックスの誤送信により顧客27名分の個人情報を流出

千葉興業銀行は、ファックスの誤送信により、取引き内容などを含む顧客27名分の個人情報を流出したと発表した。

同行によると、10月14日から20日までの間、顧客27名分の住所、氏名、取引内容などが記載された、本来は営業店に送信すべきファックスが、第3者である5名のもとに誤送信された。

原因は、本店のシステムを変更した委託業者が、営業店のファックス番号を誤って登録したためだという。同行は、被害者への事情説明と謝罪を行うとともに、誤送信されたファックスの回収または破棄を確認した。また現時点において、同システムによる営業店へのファックス送信は中止しているという。

(Security NEXT - 2004/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON