Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉興銀、ファックスの誤送信により顧客27名分の個人情報を流出

千葉興業銀行は、ファックスの誤送信により、取引き内容などを含む顧客27名分の個人情報を流出したと発表した。

同行によると、10月14日から20日までの間、顧客27名分の住所、氏名、取引内容などが記載された、本来は営業店に送信すべきファックスが、第3者である5名のもとに誤送信された。

原因は、本店のシステムを変更した委託業者が、営業店のファックス番号を誤って登録したためだという。同行は、被害者への事情説明と謝罪を行うとともに、誤送信されたファックスの回収または破棄を確認した。また現時点において、同システムによる営業店へのファックス送信は中止しているという。

(Security NEXT - 2004/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券
ランサムウェアの感染被害が発生、運行には影響なし - 多摩都市モノレール
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
会員のメアドとPWを外部で確認、原因不明 - ジャパンレンタカー
セキュリティアップデート「PHP 7.2.8」がリリース